パーティードレスでパーティーへ


ひし形系のパーティードレスで体型カバー

パーティードレスにはさまざまなデザインのものが販売されています。
素材や色に高級感があっても、スタイルに合わないデザインの着用は安っぽく見えてしまい、せっかくのパーティードレスの華やかさが半減してしまいます。
太ももが張っていたり、ヒップの大きさを気にしている女性は、ひし形系のパーティードレスを選ぶのが正解です。
ひし形系というと少し想像しにくいかもしれませんが、一般的なものがすそに向かって広がった形であるのに対し、ひし形系のドレスは腰から一度膨らんだラインがすそに向かってまたすぼまったようなデザインになっています。
バルーンスカートやコクーンワンピなどが近い形であると言っても良いでしょう。
ひし形系のパーティードレスは丈の長さが膝丈より長いものだと不格好になってしまいますし、横のラインを強調してしまう場合がありますので、身長が高くない方には不向きであることが多いようです。
選ぶ際は膝より短めになるようなもの、そしてウエストはピッタリサイズが合ったものを選ぶとスタイルが良く見えます。

三角系のパーティードレスについて

三角系のパーティードレスについて 三角系のパーティードレスは、戦国時代の伊達政宗が使用したと言われている高貴なパーティードレスです。
伊達政宗は仙台土着の大名で、近隣諸国からは奥州筆頭として知られていました。
周辺諸国との会談において三角系のパーティードレスを着用したと伝えられています。
そもそも伊達政宗はスペインに岩倉氏を派遣し、外国との交流を図っていました。
この使節団には伊達政宗の側近の片倉小十郎も同行しましたが、旅の途中のスペインで、小十郎がこのパーティードレスを見つけたと言われています。
平和になった世の中で江戸幕府との会合を度々行いました。
幕府の徳川家康は伊達政宗のドレスを見て、日本一のツワモノだと言われています。
三角系の衣服は、徳川家康が好きだった天ぷらを食べる時に非常に役に立ちます。
天ぷらは紙や布で油を切る必要があり、その際に三角系のドレスの端っこで油を切る風習が生まれました。
奥州筆頭と慕われたことによってこのドレスは仙台全域に広がります。

Valuable information

エステサロンを上野で探す

Last update:2018/9/21

パーティードレスでパーティーへ

『ドレス 体型』 最新ツイート